屋根散水システム【暑熱対策】 │ システムを探す

屋根散水システム【暑熱対策】

屋根に散水することにより室内の温度上昇を抑制します。
冷房にかかるエネルギーコストを大幅に削減する環境にやさしい暑熱対策システムです。

屋根散水システムはスプリンクラーで屋根にまいた水が蒸発する時に、屋根の表面から熱を奪うこと(気化熱と言います)を利用して、屋根の温度が上がるのを防ぐ暑熱対策のシステムです。

この屋根散水は、日本古来の打ち水・・・庭や道に水をまいて涼をとる打ち水・・・と同じ考えのものです。

屋根の温度が5℃以上も上がることを抑制する効果があります→下段の屋根散水による冷却効果試験結果のグラフをご参照ください。
屋根温度の上昇が抑制されると、屋根から室内へ伝わる熱(輻射熱と言います)が減り、その結果として室内の温度上昇が抑制されます。
これが、冷房に要するエネルギーコストを大幅に削減できる理由です。


暑熱対策として屋根散水の省エネ・節電効果は抜群です。
塗装やシートで遮熱する方法に比べ、屋根散水は費用・効果で優れています。下段の暑熱対策システム比較表をご覧ください。
今、屋根散水は工場や体育館、倉庫、スーパー、牛舎などで盛んに設置されています。
Roof Controller

イーエス・ウォーターネットは屋根散水に必要な機器(スプリンクラーやコントローラー、付帯機器など)を全て取り揃えシステムとしてご提供いたします。
さらに汎用の自動散水コントローラ(ウォーターマスター)の他に、屋根散水専用のコントローラもご用意!
ぜひお気軽にご相談ください。
Roof Controller

<施工実績です>

  1. ・工場(茨城)
  2. ・工場(埼玉)
  3. ・ホームセンター(鹿児島)
  4. ・工場(鹿児島)
  5. ・工場(大分)
  6. ・工場(沖縄)
  7. ・工場(大分)



屋根上にソーラーパネル(太陽光パネル)があれば、ソーラーパネルの冷却にも適用できます。
ソーラーパネルは温度が上昇すると発電効率が落ちると言われています。
冷却することで発電効率が回復すれば、省エネ・節電効果が一層高まります。

工場の屋根に設置した例


特徴

・スプリンクラーなどの機器はイーエス・ウォーターネットの豊富なラインナップから最適なものをお選びいたします。
・屋根上配管はSUS304+強化プラスチック製で、防錆・耐久性に優れ、メンテナンスも容易です。
 ポリエチレンパイプを使った配管も可能です。
・雨センサーや温度センサーを組み込んだ効率のよい運転が可能です。
・様々な間断パターンの自動運転ができます。
・空調エネルギーのランニングコストを削減します。
・雨水の再利用や散水の循環再利用で一層のランニングコストの削減もできます。

折半屋根で屋根散水・遮熱塗料・遮光シートを比較して冷却効果を検証しました。
検証結果

拡大
屋根散水は最も温度上昇を抑え、冷却効果があることがわかります。



《屋根散水の施工実績はこちらからどうぞ》


拡大


拡大


拡大

屋根散水による冷却効果試験結果(その1)
拡大

屋根散水による冷却効果試験結果(その1)

屋根散水による冷却効果試験結果(その2)
拡大

屋根散水による冷却効果試験結果(その2)

暑熱対策システム比較表
拡大

暑熱対策システム比較表

システム一覧へ戻る
ページ先頭へ